腎臓内科

溶連菌感染後急性糸球体腎炎の病態、症状、診断、治療

溶連菌感染後急性糸球体腎炎の病態

PSAGN

溶連菌に感染し咽頭炎、扁桃炎、丹毒などになった後、2週間程度で発症する。

溶連菌に感染し、産生された抗体が免疫複合体を形成し、糸球体基底膜に沈着する。

すると、白血球浸潤などにより糸球体腎炎が起こり、血尿、たんぱく尿、乏尿をきたす。

腎機能が低下するので、循環血漿量が増加し、高血圧や浮腫もきたす。

溶連菌感染後急性糸球体腎炎の症状

血尿、たんぱく尿、乏尿、高血圧、浮腫

溶連菌感染後急性糸球体腎炎の診断

ASO↑

補体↓(C3、CH50)

蛍光顕微鏡:C3の沈着

電子顕微鏡:hump

溶連菌感染後急性糸球体腎炎の治療

対症療法。

安静:免疫複合体が原因なので、抗菌薬などは使わない

食事療法(塩分、水分制限):高血圧となるから

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA