腎臓内科

大量輸血で代謝性アルカローシスとなる理由

大量輸血で代謝性アルカローシスとなる理由

輸血の製剤には、抗凝固薬としてクエン酸ナトリウムが含まれている。

クエン酸ナトリウムは代謝されると、炭酸イオンを産生する。

その結果、アルカローシスになる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA