産婦人科

産道感染とは?予防

産道感染とは?

分娩時に産道の粘膜や血液を介して、母親の持つ細菌やウイルスが赤ちゃんに感染すること。

HIV、GBSなどで起こる。

分娩は長時間であり、出血も多く母親の血液に児がさらされるリスクがあると考えれば当然だと理解できる。

予防として帝王切開を行うことがある。

帝王切開により、児が母親の血液にさらされるリスクを最小限にすることができるからと考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA