産婦人科

産道感染とは?予防

産道感染とは?

分娩時に産道の粘膜や血液を介して、母親の持つ細菌やウイルスが赤ちゃんに感染すること。

HIV、GBSなどで起こる。

分娩は長時間であり、出血も多く母親の血液に児がさらされるリスクがあると考えれば当然だと理解できる。

予防として帝王切開を行うことがある。

帝王切開により、児が母親の血液にさらされるリスクを最小限にすることができるからと考える。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA