耳鼻咽喉科

疾患ごとのオージオグラム所見

疾患ごとのオージオグラム所見

疾患 難聴の種類 音域 両側or片側 発症様式 治療
外耳道閉鎖症 気道 全域 両側 骨導補聴器
耳介・外耳道形成術
耳硬化症 気道
※耳鳴はあるが気道難聴
全域 両側 緩徐 アブミ骨手術
耳小骨離断 気道 全域 片側 外傷 鼓室形成術
外リンパ瘻 感音 全域 片側 突然 保存的治療などで改善しない場合:
試験的鼓室開放術(リンパが漏れているのを確認し、開いた穴をふさぐ)
老人性難聴 感音 高音優位 両側 加齢 なし
補聴器使用
音響外傷性難聴 感音 4,000Hz付近の聴力低下(C5-dip) 片側 早期にステロイド、B12、PG製剤、ATP製剤、安静
治療は難しい
聴神経腫瘍 感音 高音域 片側 手術
放射線
小さく、無症状の場合:経過観察
メニエール病 感音 低音域 片側:内リンパ浮腫による
突発性難聴 感音 全域 片側:原因不明 突然 早期にステロイド、B12、PG製剤、ATP製剤
早期治療が重要
2週間以上放置すると回復は難しい
中毒性平衡障害 感音 高音 両側 薬剤

メニエール病は内リンパ水腫が原因なので、片側。

突発性難聴は原因不明の内耳障害が原因なので、片側性と覚える。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA