耳鼻咽喉科

副鼻腔炎で頭痛がなぜ起こる?

副鼻腔炎で頭痛がなぜ起こる?

副鼻腔の炎症により、頬や額に疼痛を感じる。

また、三叉神経の関連痛として、頭の全体的な疼痛や後頭部痛がでることがあるとのこと。

副鼻腔炎になると三叉神経の刺激症状が発生して頬の痛みや額(ひたい)の痛みを感じるようになります。さらに三叉神経の関連痛で頭の全体的な疼痛や後頭部痛などが出ることもあります。

出典:http://fukuiwa-clinic.com/headache

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA