産婦人科

絨毛膜羊膜炎の分類、病態、症状、治療

絨毛膜羊膜炎の分類

不顕性絨毛膜羊膜炎 顕性絨毛膜羊膜炎
病態 絨毛膜や羊膜に細菌が感染する。無症状だが放置すると顕性に進行する 不顕性が進行したもの
症状 自覚症状は乏しい(不顕性だから) 発熱、頻脈、下腹部痛、子宮収縮、CRP↑、白血球↑などの感染徴候あり
早産になる? 治療で予防可能 なる
治療 抗菌薬 早産となる

絨毛膜羊膜炎の病態

CAM:chorioamnionitis

絨毛膜や羊膜に細菌が感染すること。

早産の原因でもっとも多い。

絨毛膜羊膜炎になると、短期間で早産になる。

不顕性と顕性がある。

絨毛膜羊膜炎の症状

不顕性:自覚症状は乏しい

顕性:発熱、頻脈、下腹部痛、子宮収縮、CRP↑、白血球↑など

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA