眼科

網膜色素変性症の病態、症状、診断、治療

網膜色素変性症の病態

遺伝性に桿体細胞が変性することで、夜盲と視野異常が進行していく。

これは桿体細胞は網膜周辺部に分布するからと考える。

また、桿体細胞は暗所視に関わると考えれば、夜盲になるのも理解できる。

晩期には視力低下や失明をきたす。

網膜色素変性症の症状

夜盲で発症する

網膜色素変性症の診断

視野検査:輪状暗点

眼底検査:網膜に広範に黒色の骨小体様の色素沈着


出典:110E50

網膜電位図:平坦化


出典:110E50

網膜色素変性症の治療

根本的治療法はなし

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA