眼科

マイナー科の疾患の病態まとめ

マイナー科の疾患の病態を別にまとめる

眼科

疾患 病態 治療
調節性内斜視 遠視で、ピントを合わせるために調節機能を使うと、同時に輻輳機能も働き寄り目になる。 矯正眼鏡の装用
遠視 眼が全く調節を行っていないとき、眼に入る平行光線が網膜より後に結像してしまう状態。ものがハッキリと見えないので、調節機能で焦点を網膜上にもってくる必要がある。
弱視 眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力がでない目。幼少期にピントのあった像が網膜に映されないことで、視機能の発達が途中で止まる。 片眼遮蔽
春季カタル 重症のアレルギー性結膜炎。抗原に対する異常に亢進した生体防御反応によって結膜に炎症が起こる。上まぶたの裏側にぶつぶつの乳頭ができるのが特徴。 抗アレルギー薬
ステロイド点眼薬
フォークト―小柳―原田病 メラニン色素細胞に対する自己免疫により、急に両眼に網膜剥離が生じる
網膜中心静脈閉塞症 高血圧が原因で網膜の静脈が詰まって出血を起こす。網膜静脈の根元の部分で閉塞すると網膜中心静脈閉塞症、末梢で閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となる 血栓溶解薬
循環改善薬
など
網膜色素変性症 眼の中で光を感じる組織である網膜に異常がみられる遺伝性疾患。夜盲、視野狭窄、視力低下が特徴。 なし
加齢黄斑変性症 加齢により網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積し、黄斑部が障害される 抗VEGF薬硝子体内注射
裂孔原性網膜剥離 網膜に孔が開いて、目の中にある水が孔を通って網膜の下に入り込み、網膜剥離をきたす

耳鼻咽喉科

真珠腫性中耳炎 鼓膜の一部が中耳に侵入し、炎症を起こしながら増大し、骨などの周囲の構造物を破壊する 鼓室形成術
耳硬化症 アブミ骨が硬化し、可動性が損なわれ、伝音難聴が進行する。また、内耳を守っている骨(内耳骨包)も変化し、内耳機能が低下する。 アブミ骨手術
ラムゼイハント症候群 水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し、顔面神経や内耳神経に炎症をきたす 抗ヘルペスウイルス薬
副腎皮質ステロイド
扁桃周囲膿瘍 扁桃のまわりに膿がたまった状態 抗菌薬
切開排膿
唾石症 唾液腺や導管がつまることでCaが沈着し結石ができる。摂食時にうっ滞のために疼痛が生じる。顎下腺に多い。 唾石摘出
上皮真珠腫 生後数ヶ月の乳児の歯肉にある白い腫瘤 経過観察:2~3ヶ月で自然消失する
若年性血管線維腫 青年の男性に多い良性腫瘍。血管に富むので鼻出血を伴うことがある。 切除
放射線療法

泌尿器科

完全重複尿管 上部腎盂と下部腎盂からの尿管がそれぞれ膀胱に開口する
後部尿道弁 胎児期の後部の尿道の後壁に弁のような薄い膜ができ、尿の通過障害をきたす
尿道下裂 尿の出口が陰茎の先端でなく、その手前に開口している
真性包茎 亀頭部分が包皮で覆われたままで、包皮を引っ張っても亀頭がまったく出てこないもの
二分脊椎 胎児期に脊髄や脊椎の癒合不全を生じた状態
陰嚢水腫 精巣の周囲に液体がたまって陰嚢がふくらんだ状態。腹腔の水分が陰嚢に降りてきて貯留する。 手術
反射性尿失禁 上位排尿中枢と下位排尿中枢の間での連絡不全により、尿意を伴うことなく、排尿筋が不随意収縮する

整形外科

複合性局所疼痛症候群 身体の損傷後に、治癒はしたが痛みだけが残る疾患。疼痛や感覚過敏が見られる。
フォルクマン拘縮 前腕部におこる拘縮。コンパートメント症候群などの血流不良によって発生。 圧迫解除
筋膜切開術による減圧
発育性股関節形成不全 寛骨臼形成不全を伴う不安定股の総称 リーメンビューゲル装具
牽引療法など
結核性脊椎炎(脊椎カリエス) 脊椎椎体に結核菌が感染し、椎体や椎間板が壊死する 抗結核薬

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA