小児科

胎便吸引症候群の病態と治療

胎便吸引症候群の病態

成熟した胎児が低酸素になることで、迷走神経反射により、羊水中に胎便が排泄される。

その羊水を出生後の最初の呼吸で吸引し、胎便が肺内へ入り、呼吸障害となる。

反射ができることから、正期、過期産児に多いと考える。

胎便吸引症候群の治療

口や鼻腔の胎便除去

重症:気道洗浄→人工呼吸管理、サーファクタント補充

胎便を吸入することが原因なので、胎便を吸引で除去すれば良い。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA