整形外科

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアで上位運動ニューロン障害がない理由

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアで上位運動ニューロン障害がない理由

腰部脊柱管狭窄症は、L4、L5で好発する。

脊髄はL1/L2の高さまでしかないので、脊髄が圧迫されることはない。

よって、腰部脊柱管狭窄症では上位運動ニューロン障害はきたさない。

腰椎椎間板ヘルニアも同様。

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA