整形外科

頚椎椎間板ヘルニアの病態、症状

頚椎椎間板ヘルニアの病態

各頚椎の間の椎間板が老化による機能低下などで、飛び出してきて、脊髄を圧迫する。

頚椎椎間板ヘルニアの症状

症状は、頚椎症状、神経根症状、脊髄症状の3つが見られる。

頚椎症状とは、後頚部痛、頸肩こり、頸部運動制限など。

神経根症状は、神経根の圧迫によって見られる症状で、一側上肢への放散痛、しびれ感、知覚障害、運動障害、深部腱反射低下など。

脊髄症状は、脊髄圧迫により見られるもので、両側性の知覚障害、運動障害、障害髄節より低位の深部腱反射亢進、膀胱直腸障害など。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA