鑑別に関わる症状

腹痛の鑑別疾患

腹痛の鑑別疾患

腹痛の鑑別疾患は多い。

部位ごとに解剖学的にイメージして考えていくとあげやすい。

左右季肋部痛、左右下腹部痛、腹部全体で分けて考える。

腹痛の部位 鑑別疾患  
右季肋部痛 急性胆嚢炎
急性閉塞性化膿性胆管炎
胆石症
胆管や胆嚢があることから想起
左季肋部痛 大動脈解離
急性膵炎
虚血性大腸炎
左腹部には大動脈、膵臓があるから
右下腹部 急性虫垂炎
ヘルニア
Crohn病
大腸憩室炎
尿管結石
妊娠
異所性妊娠
精巣・卵巣捻転
右下腹部には虫垂、大腸。
下腹部には生殖器があるので、精巣・卵巣捻転、妊娠、異所性妊娠の可能性もある。
鼡径部が近いのでヘルニアも考える。
左下腹部 虚血性大腸炎
潰瘍性大腸炎
尿管結石
妊娠
精巣・卵巣捻転
ヘルニア
直腸が近いので、潰瘍性大腸炎。
虚血性大腸炎も。
後は、右下腹部と同じ。
腹部全体 消化管穿孔
急性腹膜炎
上腸間膜動脈閉塞症
腹部大動脈瘤破裂
糖尿病ケトアシドーシス
イレウス
過敏性腸症候群
感染性腸炎
腹部全体が痛いということから、破れた系の消化管穿孔と腹部大動脈瘤破裂。付随する腹膜炎を考える。
上腸間膜動脈閉塞症も右側結腸が支配?なので、全体が痛くなると考える。
イレウスも全体が膨隆して痛くなる?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA