整形外科

錐体路と錐体外路の違い

錐体路と錐体外路の違い

錐体路 錐体外路
役割 随意運動 協調運動
障害で起こること 痙性歩行
麻痺
巧緻運動障害
協調運動障害
など

どちらも筋の運動に関係する。

随意運動は錐体路が行なっている。

しかし、錐体外路が不随意的に筋肉の動きを調整することで滑らかな運動を可能になる。

なので、錐体路のみでは、スムーズは運動はできなくなる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA