整形外科

間欠性跛行の鑑別疾患2つ、違い

間欠性跛行の鑑別疾患と違い

腰部脊柱管狭窄症 閉塞性動脈硬化症
病態 脊椎すべり症や変形性脊椎症で脊柱管が狭窄する 動脈硬化で下肢の近位側の血管が閉塞する
症状 腰痛
間欠性跛行
疼痛
間欠性跛行
好発部位 L4
L5
下肢の近位側
緩和因子
鑑別!
前屈や座位で軽減:神経の狭窄が解除される 安静:酸素需要低下による
治療 保存療法
手術
運動療法:側副路を作る
血管拡張薬
抗血小板薬
経皮的血管形成術:バイパスや血管の拡張する

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA