113回医師国家試験

電気性眼炎まとめ

電気性眼炎まとめ

病態 アーク溶接作業や殺菌灯などの紫外線により、紫外線を多く吸収する角膜上皮に障害が起こる。
発症までの時間 暴露後6〜24時間で発症
夜中に救急受診で遭遇することが多い
症状 眼痛
流涙
羞明
結膜充血
診断 フルオレセイン染色:角膜表面が微細点状に染まる
治療 1〜2日で自然治癒
必要に応じて鎮痛薬や抗菌薬
虹彩炎や角膜浮腫が強い場合:ステロイドや散瞳薬点眼

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA