皮膚科

非結核性抗酸菌症はなぜ熱帯魚飼育者に起こる?

非結核性抗酸菌症はなぜ熱帯魚飼育者に起こる?

非結核性抗酸菌症の中の一種であるMycobacterium marinusは、海水魚に感染する。

感染した海水魚は、そのまま菌を排泄し、水槽の中の水や水槽の内面に菌が付着する。

そして、水槽を洗浄するときに、手にある小さな傷から菌が侵入し感染する。

その結果、約2週間の潜伏期間の後に、膿疱や発疹ができる。

膿疱が破れると潰瘍が形成される。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA