整形外科

頚椎椎間板ヘルニアと頚椎症性脊髄症の違い

頚椎椎間板ヘルニアと頚椎症性脊髄症の違い

頚椎椎間板ヘルニア 頚椎症性脊髄症 頚椎症性神経根症
病態 椎間板の髄核が飛び出して、神経根や脊髄を圧迫する 頚椎の椎骨や椎間板が変性し、骨棘形成をきたすことが原因で、脊髄が圧迫される 頚椎の椎骨や椎間板が変性し、骨棘形成をきたすことが原因で、神経根が圧迫される
共通症状 頚椎症状(頚部周囲の疼痛、可動域制限) 頚椎症状(頚部周囲の疼痛、可動域制限)
神経根症状 + +
脊髄症状 + +
症状 神経根症状:
しびれ
脱力
脊髄症状:
しびれ
痙性麻痺
神経因性膀胱
上肢腱反射低下
下肢腱反射亢進
一側上肢の筋力低下、筋萎縮、手指のしびれ、腱反射低下
線維束攣縮
※下位運動ニューロン症状がでる
巧緻運動障害 + +
膀胱直腸障害 + +
ジャクソンテスト
スパーリングテスト
治療 保存療法
保存療法で改善しない:
手術
保存療法
保存療法で改善しない:
手術
保存療法
保存療法で改善しない:
手術

ジャクソンテスト:頚部を後屈し、頭頂部を下方へ押すと患側上肢に疼痛

スパーリングテスト:頚部を後屈し、患側へ側屈し、頭頂部を下方へ押すと患側上肢に疼痛

神経根の圧迫を見るテストなので、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症で陽性となる。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA