111回医師国家試験

髄外造血とは?

髄外造血とは?

骨髄で造血ができなくなると、代償として、胎生期に造血が行われていた脾臓や肝臓で造血が行われるようになること。

骨髄で造血ができなくなると、造血幹細胞が肝臓や脾臓に移動して造血を行う。

すると、脾腫や肝腫大がみられる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA