111回医師国家試験

髄外造血とは?

髄外造血とは?

骨髄で造血ができなくなると、代償として、胎生期に造血が行われていた脾臓や肝臓で造血が行われるようになること。

骨髄で造血ができなくなると、造血幹細胞が肝臓や脾臓に移動して造血を行う。

すると、脾腫や肝腫大がみられる。

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA