必修

麻酔導入(急速導入)の順番

麻酔導入(急速導入)の順番

順番 なぜ?
純酸素投与 酸素投与でPaO2を上げておくと麻酔薬投与後に換気困難や挿管困難になった場合、低酸素血症になるまでの時間が稼げるから
麻酔薬投与 短時間作用型の静脈麻酔薬を静注後、筋弛緩薬を投与。
マスク換気 筋弛緩薬により、呼吸筋の運動停止により、呼吸が停止するので、マスクによる陽圧換気を行う。
気管挿管 十分な筋弛緩が得られたところで気管挿管をする。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA