免疫

B細胞とT細胞の違いをわかりやすく解説

B細胞とT細胞の違い

B細胞は活性化すると、抗体を産生する形質細胞もしくは、抗原を記憶する記憶細胞となる。

種類 働き
形質細胞 抗体を産生する
記憶細胞 抗原を記憶する

一方、T細胞はヘルパーT細胞、キラーT細胞、制御性T細胞のいずれかとなる。

種類 役割 働き
ヘルパーT細胞 司令塔 サイトカインなどの免疫活性化物質を産生して、攻撃の指令を出す
キラーT細胞 殺し屋 ウィルスに感染した細胞やがん細胞にとりついて排除する
制御性T細胞 クローザー、ストッパー キラーT細胞などが、正常細胞に過剰な攻撃をしないようにキラーT細胞の働きを抑制したり、免疫反応を終了に導いたりする。

ヘルパーT細胞は、サイトカインなどの免疫活性化物質を産生して、攻撃の指令を出す。

キラーT細胞は、ウィルスに感染した細胞やがん細胞にとりついて排除する。

制御性T細胞は、キラーT細胞などが、正常細胞に過剰な攻撃をしないようにキラーT細胞の働きを抑制したり、免疫反応を終了に導いたりする。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA