免疫

アレルギー性鼻炎の病態と治療

アレルギー性鼻炎と花粉症の違い

アレルギー性鼻炎
病態 鼻粘膜のⅠ型アレルギーにより起こる
症状 くしゃみ、鼻水、鼻閉が3徴候
原因 通年性:ハウスダスト、ダニ
季節性:花粉
治療 アレルゲンの回避が重要
薬物療法:
抗ヒスタミン薬
局所ステロイド
抗ロイコトリエン薬
根本治療:
減感作療法

アレルギー性鼻炎とは、鼻粘膜がⅠ型アレルギーにより、炎症をきたし、鼻汁、くしゃみ、鼻閉をきたす。

原因は、通年性ではハウスダストやダニ。季節性では花粉症が多い。

治療は、Ⅰ型アレルギーが原因なので、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬。

根本治療としては、アレルゲンの回避や減感作療法が有効。

減感作療法とは、原因となる抗原を少量から少しずつ増量して投与していき、体に適応させていくというもの。

アレルギー性鼻炎は、症状の発現時期により、以下の2つに分けられる。

  時期 原因
通年性アレルギー 一年中症状がある ハウスダスト、ダニ
季節性アレルギー ある時期だけ症状がある 花粉

花粉症は、季節性アレルギーの代表疾患である。

つまり、アレルギー性鼻炎の中の季節性アレルギーの1つが花粉症という関係である。

原因が花粉ならば花粉症。

ダニやハウスダストならばアレルギー性鼻炎ということか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA