小児科

コルチゾールが増えるとなぜ太る?

コルチゾールが増えるとなぜ太る?

コルチゾールが増える疾患といえば、クッシング症候群。

クッシング症候群といえば、中心性肥満が特徴的。

これは、コルチゾールには糖新生を促進する作用があり、血糖上昇に対するインスリン分泌亢進によって太るとされています。

コルチゾールは朝起きるときに血糖値を高めて起きやすくするホルモンなので、糖新生を亢進するということ早朝に分泌がピークとなると覚えておく。

コルチゾールがインスリンに拮抗→インスリン↑→太る

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA