神経内科

脳血管造影とCTAとMRAの違い

脳血管造影とCTAとMRAの違い

脳血管造影 CT血管撮影法 MR血管撮像法
英語 CTA:CT angiography MRA:MR angiography
方法 頚動脈や椎骨動脈にカテーテルを挿入し、造影剤を注入し頭部の血管をうつす ヨード造影剤を静注し、血管内を造影剤が通過してCT値が上昇しているタイミングで撮像された多数のCT画像から、血管を抽出し、三次元画像に再構成する 血流の信号のみを処理することで、造影剤を用いることなく脳血管の形態を立体画像化する。造影剤を使う方法もある
造影剤使用 あり あり なし(使う方法も可)
放射線被曝 あり あり なし
精度 もっとも高い
使い分け 脳動脈瘤の精査 脳動脈瘤のスクリーニング(脳ドック) 脳動脈瘤のスクリーニング(脳ドック)
画像
出典

出典

出典

CTAとMRAは、脳血管造影に比べて低侵襲であるため、スクリーニングとして行われる。

詳細な血管の状態を把握するには脳血管造影がもっとも優れており、精査のために用いられる。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA