神経内科

クッシング徴候とは?

クッシング徴候とは?

脳腫瘍、脳炎などによって、頭蓋内圧亢進が起こると、脳の血管が圧迫されて血流が悪化し、脳虚血となる。

脳の血流を確保するために、交感神経が興奮し、心拍数増加、心収縮力増加、血管収縮が起こり、血圧が上昇する。

頚動脈洞や大動脈弓にある圧受容体が刺激されると、アセチルコリンが分泌されて、洞房結節に作用し、徐脈となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA