循環器内科

大動脈瘤の病態、症状、診断、治療

大動脈瘤の病態

動脈硬化により、大動脈壁が伸展し、拡張する。

大動脈瘤の定義

直径が正常径の1.5倍(胸部で45mm,腹部で30mm)を超えて拡大している

大動脈瘤は「大動脈の一部の壁が,全周性,または局所性に(径)拡大または突出した状態」とする.
大動脈壁の一部が局所的に拡張して瘤を形成する場合,または直径が正常径の1.5倍(胸部で45mm,腹部で30mm)を超えて拡大した(紡錘状に拡大した)場合に「瘤(aneurysm)」と称している.

出典:http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_takamoto_d.pdf

大動脈瘤の症状

ほとんどが無症状

破裂すると致死的

臓器の圧迫症状や虚血症状が見られる

腰痛、拍動性腹部腫瘤、嗄声、嚥下困難など

大動脈瘤の診断

造影CT:大動脈の拡大

大動脈瘤の治療

直径5~6cmを超える場合や急速な拡大傾向の場合に外科治療を考慮する

内科治療:血圧管理、禁煙など

外科治療:人工血管置換術、ステントグラフト内挿術

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA