循環器内科

心房細動の病態、症状、診断、治療

心房細動の病態

心房の様々な部分が高頻度で無秩序に興奮をきたすため、心房の興奮が心室へ不規則に伝わり、心臓の収縮のリズムが不規則になる。

心房細動の症状

動悸、脈拍不整

心房細動の診断

心電図:P波の消失、基線の揺れ、RR間隔不整

心房細動の治療

目的 薬剤など
洞調律に戻す(AFを治す) プロカインアミド
ジソピラミド
カルディオバージョン(薬物療法で改善しない場合?)
AFはそのままで心拍数の調整(徐脈にする) ジギタリス
β遮断薬
Ca拮抗薬
AFに伴う血栓症・塞栓症を予防 ワーファリン
DOAC
根本的な治療(再発予防) カテーテルアブレーション

塞栓症予防:抗凝固薬であるワーファリンかDOAC

心拍数調節:β遮断薬、Ca拮抗薬、ジギタリス

房室結節の不応期を延長させる薬を使う。

洞調律化:カルディオバージョン、ジソピラミド、プロカインアミド

再発予防:カテーテルアブレーション

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA