皮膚科

重症薬疹DIHS、SJS、TENの鑑別

DIHS、SJS、TENの違い

スティーブンス・ジョンソン症候群 中毒性表皮壊死症 薬剤性過敏症症候群
英語 Stevens-Johnson syndrome:SJS Toxic epidermal necrolysis:TEN Drug-induced hypersensitivity syndrome:DIHS
病態 びらんが体表面積の10%未満のもの。 TENはSJSの重症型。
びらんが体表面積の10%を超えるもの。
原因薬 抗菌薬
NSAIDs
抗てんかん薬
抗菌薬
NSAIDs
抗てんかん薬
抗てんかん薬(カルバマゼピンなど)
粘膜疹 あり あり なし
診断 Nikolsky現象陽性 抗ヒトヘルペスウイルス6 IgG抗体価↑
治療 原因薬剤を中止
ステロイド外用、内服
原因薬剤を中止
ステロイド外用、内服
原因薬剤を中止
ステロイド外用、内服
例外 ※分子標的薬に伴う皮疹は、薬剤を中止せずに対症療法

 

TENはSJSの重症型。

なので、TEN、SJSとDIHSの違いを考える。

DIHSはカルバマゼピンなどの限られた薬剤が原因となる。

TEN、SJSは、薬の服用後2週間以内での発症が多いが、DIHSは2週間以上経ってから発症することが多い。

そのため、薬疹が疑われることなく、重症化することがある。

また、DIHSでは、ヒトヘルペスウイルス6が活性化するのが特徴的。


出典:https://www.min-iren.gr.jp/?p=33495

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA