外科

深部静脈血栓症は肥満でなぜリスクが上がる?

深部静脈血栓症は肥満でなぜリスクが上がる?

肥満だと、脂肪による圧迫により、血流が悪くなることで血栓ができやすくなると考えられる。

また、肥満の人は中性脂肪や血中インスリン濃度が高いため、線溶阻止因子PAIが上昇し、線溶抑制状態になっているからかもしれないという考えもある。

静脈血流のうっ滞
長期間ふくらはぎの筋肉を使わない状態
⇒長期間のベット上安静、長時間の飛行機・バス旅行での座りっぱなし
足の負傷、下半身麻痺など
心臓の病気、妊娠、肥満などで全身・局所の血液の流れが悪い場合

出典:http://www.kaiseihp.com/suzu-byoin/image/kenko-hiroba/rinsyo/k-h-r1-46.html

 

2) 肥満:
以前より指摘されている危険因子ですが、さてその理由はと言いますと、答えに窮してしまいます。肥満の方は(しばしば中性脂肪や血中インスリン濃度が高く)、線溶阻止因子PAIが上昇するため、線溶抑制状態になっているからかも知れません。

出典:http://www.3nai.jp/weblog/entry/29522.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA