小児科

アイゼンメンジャー症候群の病態

アイゼンメンジャー症候群の病態

VSDなどで、初めは左右シャントだったのが、肺への血流増加により、肺高血圧症が進行し、右左シャントとなること。

心臓内で左右シャントが生じる

肺血管抵抗が上昇

シャントが両方向になる

最終的に右左シャントになる

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA