小児科

アイゼンメンジャー症候群の病態

アイゼンメンジャー症候群の病態

VSDなどで、初めは左右シャントだったのが、肺への血流増加により、肺高血圧症が進行し、右左シャントとなること。

心臓内で左右シャントが生じる

肺血管抵抗が上昇

シャントが両方向になる

最終的に右左シャントになる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA