婦人科

エストロゲン剤が血栓症を起こす機序

エストロゲンが血栓症を起こす機序

女性ホルモン製剤を経口投与すると、消化管から吸収され、門脈をへて、肝内へ吸収される。

そして、肝内エストロゲンは肝組織を刺激して凝固系を活性化するため、血栓症になりやすくなる。

経口避妊薬もエストロゲンとプロゲステロンが含まれているため、同様に血栓症のリスクとなる。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA