婦人科

経口避妊薬の機序

経口避妊薬の機序

経口避妊薬として、エストロゲンやプロゲステロンを投与することで、ネガティブフィードバックによりLH、FSHが抑制される。

すると、LHサージが起きなくなり、排卵が抑制される。

また、頚管粘液の性状を変化させたり、子宮と卵管の運動性を変化させる、受精卵着床の抑制などの避妊効果がある。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA