呼吸器内科

肺高血圧症の分類は?

肺高血圧症の定義は?

肺高血圧症の定義は、肺動脈平均圧25mmHg以上

肺動脈楔入圧が15mmHg以下の場合は、肺動脈性肺高血圧とする。

(肺高血圧症治療ガイドライン 2012年改訂版より)

肺高血圧症の分類は?

第1群 肺動脈性肺高血圧症
特発
遺伝
薬物・毒物誘発性
・各種疾患に伴う
第2群 左心性心疾患に伴う肺高血圧症
第3群 肺疾患および低酸素血症に伴う肺高血圧症(肺性心)
第4群 慢性血栓塞栓症肺高血圧症
第5群 詳細不明の肺高血圧症

1群は先天性心疾患に伴う肺高血圧症を含む。

1群は肺動脈楔入圧は正常。

左心性心疾患に伴う肺高血圧症は、左心不全などにより血流が鬱滞し、肺動脈の血圧が上昇する。

肺動脈楔入圧は高値となる。

肺疾患に伴う肺高血圧症は、肺線維症などにより肺への血流が流れにくくなり、血液が鬱滞することで、肺動脈が高血圧となる。

慢性血栓塞栓症肺高血圧症は、血栓が肺動脈に詰まることで、血液が鬱滞し、肺動脈が高血圧となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA