呼吸器内科

間質性肺炎でKL6がなぜ上昇?理由は?

間質性肺炎でKL6がなぜ上昇?理由は?

間質性肺炎とは、肺の間質が炎症をきたす疾患。

炎症により細胞が障害されると、Ⅱ型肺胞上皮細胞に発現する糖鎖であるKL-6が遊離して血中に移行する。

そのため、KL-6が血中で増加すると考えられる。

間質性肺炎であるか否かを簡便に判定できる血液検査に KL-6、SP-D、SP-A がある。KL-6 は肺胞上皮細胞に発現する糖鎖で、細胞の破壊や再生に際して血中で増 加する。後 2 者はサーファクタントと呼ばれる肺胞表面をおおうリポ蛋白で、肺胞上 皮下の基底膜が傷害されると、血中に漏れて増加していくと考えられている。

出典:http://www.saitama-med.ac.jp/lecture/materials/96-H2507-2.pdf

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA