神経内科

ハンチントン病の病態

ハンチントン病の病態

常染色体優性遺伝。認知症と不随意運動が主症状。

線条体(尾状核、被殻)の変性により、ドパミン作動性神経が過剰になり、不随意運動が起こる。

ハンチントン病の診断

MRIで尾状核が萎縮するため、側脳室前角が拡大する。


出典:http://www.dango.ne.jp/ksmrdx/ML199803.htm

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA