膠原病内科

針反応とは?

針反応とは?

外傷部位の化膿(針反応


出典:https://chugai-pharm.jp/contents/zb/015/01/06/

皮膚を無菌針で刺すと、24-48時間後に発赤・腫脹が生じ、中に無菌性の膿ができるというもの。

ベーチェット病では、皮膚は刺激に対して敏感な状態になっており、針を刺した後に発赤、腫脹、小膿疱を形成するから起こる。

虫刺され・外傷などでも容易に化膿する。

ベーチェット病で特異的な検査。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA