模試

HBV-DNA定量検査の臨床的意義

HBV-DNA定量検査の臨床的意義

HBV-DNA定量検査は、血中のHBVのDNA量を反映する。

ゆえに、肝細胞でのHBVの増殖状態を示すので、病態の把握や治療方針の選択のための情報として使われると考える。

臨床的意義

・HBV-DNA量の測定は、B型肝炎の病態把握や、予後の推定、治療方針の選択に有用です。
・B型肝炎ウイルス(HBV)の血中DNA量は、肝細胞でのHBV増殖状態を反映します。
・肝機能状態の変化は、ウイルス増殖に呼応する形で引き起こされます。
・肝硬変の発症リスクは血中HBV-DNA量と正相関します。

出典:http://www.falco.co.jp/rinsyo/detail/061055.html

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA