113回医師国家試験

閉塞性水頭症の病態と治療

閉塞性水頭症の病態と治療

脳内出血の脳室内穿破、中脳水道狭窄症などにより、脳脊髄液の流出路が閉塞することで、脳室が拡大する。

その結果、意識レベルの低下などをきたす。

閉塞性水頭症の治療

緊急時は、脳室ドレナージで頭蓋内圧をコントロール。


出典:https://www.pmda.go.jp/files/000221682.pdf

後は、脳室腹腔短絡術(VPシャント手術)。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA