必修

脾腫をきたす疾患と鑑別方法

脾腫をきたす鑑別疾患

悪性リンパ腫、成人still病、伝染性単核球症など

いずれも、リンパ節腫脹をきたすため、圧痛の有無で鑑別が可能。

伝染性単核球症は感染症なので、圧痛があるが、悪性リンパ腫は圧痛はない。

ちなみに、成人still病は軽度の圧痛が起こることが多いとのこと。

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA