婦人科

高プロラクチン血症の鑑別4つ

高プロラクチン血症の鑑別

高プロラクチン血症の原因は、以下のように分類できる

下垂体性
視床下部性
甲状腺性
薬剤性

下垂体性では、下垂体腺腫による過剰分泌が起こる。

視床下部性では、視床下部機能障害によりドーパミン産生が低下し、プロラクチン分泌が増加する。

甲状腺性では、甲状腺機能低下により、TRHが増加し、PRLが増加する。

薬剤性では、ドパミン受容体遮断薬により、プロラクチン分泌が増加する。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA