耳鼻咽喉科

聴性脳幹反応とは?

聴性脳幹反応とは?

Auditory brainstem response:ABR。

音を聞かせて脳波を解析することで、音が聞こえたかどうかを調べる検査。

他覚的聴力検査の代表となるもの。

被験者の意識や心理に左右されないため、幼児、心因性難聴、脳死判定などに使われる。

脳波で聴力を見る検査で、ある一定の音を聞かせ、聴覚進路の脳幹から出てくる脳波
をコンピューター解析して、その脳幹反応が出るかで聞こえてくるかどうか調べる検査
です。生後間もなくでも出ます。乳幼児や高齢者など、音が聞こえたかどうかを返事で
きない人に行なう聴力検査(他覚的聴力検査)のことでまた、感音性難聴であることが
わかったときに、障害の場所を明らかにするためにも行なわれます。その他、手術時に
生じる脳幹の機能異常を調べたり、最近では脳死の判定にも使われています。

出典:http://www.fukushima-hosp.or.jp/sp/divisions/pdf/rinshou11.pdf

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA