外科

胃静脈瘤の分類と治療

胃静脈瘤の分類と治療


出典:https://xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp/archives/13734

胃静脈瘤は、どこにあるかで3つに分類される。

分類 意味 治療
Lg-c 噴門周囲の静脈瘤 内視鏡的硬化療法
Lg-f 穹窿部に孤立するもの バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)
Lg-cf 噴門部から穹窿部に連続するもの バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)

cは硬化。fがあればBRTOと覚える。

cはcardiac region(噴門部)の略。

fはfundus(穹窿部)の略。

Lg-cは、食道静脈瘤と交通しており、内視鏡的硬化療法で問題ない。

Lg-fとLg-cfといった噴門から離れたところの静脈瘤は、胃カメラの固定が難しい、また硬化剤が狙ったところに的確に入らない。

下大静脈や腎静脈とシャントを形成している場合があるので、シャントや側副路をバルーンなどで閉塞させてから硬化剤を入れるBRTOを行う。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA