血液内科

胃切除後になぜ鉄欠乏する?

胃切除後になぜ鉄欠乏する?

胃切除後は胃酸やペプシンの分泌が低下し、鉄の吸収に必要なイオン化が阻害される。

その結果、鉄の吸収率が低下し、鉄欠乏性貧血をきたす。

胃全摘術後1年ほどで起こる。

ビタミンB12欠乏は5〜10年で起こる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA