皮膚科

伝染性膿痂疹の病態、治療

伝染性膿痂疹の病態

皮膚の細菌感染症。俗称は、とびひ。

皮膚の浅層に細菌が感染し、水疱や膿疱をきたす疾患。

原因菌は、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌。

接触によって感染し、火事の”飛び火”のようにあっと言う間に広がることから”とびひ”と言われる。

よって、名前の通り、伝染性がある。

伝染性膿痂疹の治療

抗菌薬

細菌感染症なので、治療は抗菌薬内服。

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA