皮膚科

伝染性膿痂疹の病態、治療

伝染性膿痂疹の病態

皮膚の細菌感染症。俗称は、とびひ。

皮膚の浅層に細菌が感染し、水疱や膿疱をきたす疾患。

原因菌は、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌。

接触によって感染し、火事の”飛び火”のようにあっと言う間に広がることから”とびひ”と言われる。

よって、名前の通り、伝染性がある。

伝染性膿痂疹の治療

抗菌薬

細菌感染症なので、治療は抗菌薬内服。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA