感染症内科

腎盂腎炎の診断基準

腎盂腎炎の診断基準

発熱・悪寒、全身倦怠感などの全身感染所見や腰背部痛やCVA tendernessなどの局所症状、膀胱刺激症状などから腎盂腎炎を想起する。

さらに、尿一般検査や尿沈渣にて細菌尿または膿尿が認められる。

また、白血球上昇、CRP上昇などの全身性炎症所見が認められることで診断する。

細菌尿があれば、腎盂腎炎疑いとなるが、無症候性細菌尿もあるので、除外診断で考えていくと良いか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA