113回医師国家試験

児童相談所とは?役割は?

児童相談所とは?

児童福祉法第12条に基づき、各都道府県に設けられた児童福祉の専門機関。

児相ともいう。

児童相談所といえば、児童虐待があれば児童を保護する場所というイメージが強い。

しかし、実際には児童福祉に関する様々な役割がある。

児童相談所の役割

児童相談所への相談内容は以下の5つが主になる。

・養護相談
・保健相談
・心身障害相談
・非行相談
・育成相談

養護相談とは、両親が死亡したり、家出などにより子供を育てることが難しくなったり、虐待などが含まれる。

保健相談とは、未熟児、虚弱児などの児童の健康問題に関すること。

心身障害相談は、身体的障害や発達障害などの精神障害などに関する相談。

また、非行や育成に関する相談も行われている。

このように、児童相談所の役割は幅広く、業務が多いため手が回っていない現状があるということを理解すべき。

児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に以下のような業務内容を行っている(児童福祉法11条1項2号)。

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査又は判定に基づいて必要な指導を行なうこと。
児童の一時保護を行う。

相談の種類
相談の種別は、五つに大別される。

養護相談 父母の家出、死亡、離婚、入院などによる養育困難、被虐待児など。
保健相談 未熟児、虚弱児、小児喘息など。
心身障害相談 障害児、発達障害、重度の心身障害など。
非行相談 虚言、家出、浪費癖、性的な逸脱、触法行為など。
育成相談 性格や行動、不登校。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5%E7%9B%B8%E8%AB%87%E6%89%80

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA