113回医師国家試験

胆汁の働き

胆汁の働き


出典:https://www.kango-roo.com/sn/k/view/4280

胆汁は、胆汁酸と胆汁色素を含む。

胆汁酸は界面活性剤として食物中の脂肪を乳化して細かい粒とすることで、リパーゼと反応しやすくする。

※水に浮く脂肪からわかるように、脂肪は通常塊を形成するので、反応性が悪いからと考える。

その結果、脂肪の消化吸収をしやすくする。

胆汁色素には、ビリルビンが含まれていて、ビリルビンを排出する働きもある。

ちなみに、胆汁に消化酵素は含まれない。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA