泌尿器科

過活動膀胱の病態、症状、治療

過活動膀胱の病態

神経因性と非神経因性がある。

神経因性は、仙髄より上位の中枢が障害されることで、尿の貯留に反応して排尿反射が不随意に起こることで生じる。

過活動膀胱の症状

尿意切迫感、頻尿

尿意切迫感に頻尿を伴う症候群。

切迫性尿失禁を伴うこともある。

過活動膀胱の治療

抗コリン薬:排尿筋を弛緩させる

β3作動薬:膀胱平滑筋の弛緩?

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA