泌尿器科

淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎の鑑別

淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎の鑑別

淋菌性 クラミジア性
潜伏期間 3〜7日 1〜3週
排尿痛 強い 軽い
分泌物の性状 膿性 漿液性
粘液性
分泌物の量 多量 少量
診断 尿道分泌物のGram染色:
グラム陰性双球菌
不確実なとき:
尿道分泌物培養
淋菌DNA診断(PCR?)
Gram染色で染まらないので
PCR法
治療 セフェム系 マクロライド系
テトラサイクリン系
(一部のニューキノロン系)

淋菌性は、症状が強いと覚える。

だから、潜伏期間が数日と短く、排尿痛も強い。

また、分泌物は膿性で多量である。

一方、クラミジア性は症状が弱いと覚える。

だから、潜伏期間は数週と長く、排尿痛は弱い。

分泌物も漿液性で少量である。

診断は、淋菌はGram染色で問題なく、治療はセフェム系と普通。

しかし、クラミジアは偏性細胞内寄生菌なので、宿主の細胞内でしか生きることができないので、Gram染色は無効。

治療は、マクロライド系、テトラサイクリン系、一部のニューキノロン系。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA