113回医師国家試験

患者調査とは?

患者調査とは?

患者の統計を作るために、厚生労働省が3年ごとに実施する調査。

全国から無作為に抽出した病院や診療所が対象となるため、患者本人が回答するわけではないことに注意する。

患者調査というので患者が回答するものと思われがちなので、引っ掛け選択肢として「患者本人が回答する」という選択肢が出てくることに注意する。

調査日に医療機関を利用した患者の傷病名、受療の状況、入院期間・診療費支払方法などを調べる。

受療率、平均在院日数、推計患者数、推計退院患者数、傷病別の総患者数が推計される。

患者数などのデータは医療機関しかわからないので、医療機関に対する調査であるとも考えられる。

ちなみに、受療率とは、ある特定の日に治療のために、全ての医療機関に入院や通院、往診などをした患者の割合のこと。

受療率
ある特定の日に疾病治療のために、すべての医療施設に入院あるいは通院、又は往診を受けた患者数と人口10万人との比率を「受療率」という。
患者調査によって、病院あるいは診療所に入院又は外来患者として治療のために通院した患者の全国推計患者数を把握し、「受療率」を算出する。

受療率= 1日の全国推計患者数/10月1日現在総人口 ×100,000

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/kaisetu/index-hw.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA