113回医師国家試験

ジルベール症候群が低カロリー試験でビリルビンが上昇する理由

ジルベール症候群が低カロリー試験でビリルビンが上昇する理由

ジルベール症候群では、1日あたり400kcalに食事制限を2日間行うと、間接ビリルビン値が2倍以上に上昇する。

ジルベール症候群では、間接ビリルビンが上昇する。

これは、肝細胞でのグルクロン酸抱合能が低下していることが原因と考えられる。

低カロリー試験によって、肝細胞でのグルクロン酸抱合がさらに低下することで、間接ビリルビンがさらに上昇する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA